LIFEDESK

クラウド健康管理システム

健康管理システムは データ管理から活用の時代へ。

クラウド上に、健診結果、ストレスチェック、勤怠の情報を一元管理することで、従業員の健康管理に必要な情報を必要なときに、必要な人が、すぐに取り出せる仕組み(システム)を提供致します。

今まで、それぞれが個々に保管されていたことで、産業医様・保健師様が従業員の状態を正確に把握することが難しい状況でしたが、一元管理することで、必要な情報を他データと連携して確認することができ、面談・指導業務に役立てることが可能です。
また、人事・労務担当者様においては、データ保管業務や産業医様・保健師様との連携業務の手間を軽減致します。

さらには、蓄積された健康データから従業員や組織の健康リスクを点数で表示させる、健康スコアリングレポートが付いてきます。
健康スコアリングレポートには、専門家の解説も付きますので、専門家のコメントを参考に健康施策を考えることが可能です。

LIFEDESKは、健康データを保管するだけのシステムではなく、労務管理者や経営者の視点から企業実態を可視化し企業労働損失の軽減に活用していただくためのツールとしてご利用いただけます。

メリット

経営者

従業員の健康状態を把握することができる。
健康経営に取り組め、労働生産性向上に繋がる取り組みができる。

社内管理者(総務・人事)

煩雑なデータ管理から解放され、ご自身の仕事に集中できる。
引継ぎも容易になる。

産業医・保健師

健康データをすぐ入手することができる。
保健指導や面談記録をクラウド上で保管できるので複数のスタッフと情報共有ができる。
チャット機能を活用して、効率よくアドバイスを送ることができる。

従業員

健康データを経年で確認でき、健康意識を高めることができる。
悩みがあれば、チャット機能を使って、保健スタッフとレスポンスよくアドバイスを受けることができる。

■ご利用料金(表示価格は税抜き表示となります。)

月額料金      100円/人
初期設定費用 100,000円/社
保守料     無料

料金モデル 1,000名
年間利用料 1,200,000円
*初年度は別途初期設定費(100,000円)がかかります。

■追加オプション料金(表示価格は税抜き表示となります。)

健診データ入力代行(参考価格)
50項目(目安)  450円/人
100項目(目安)  960円/人
基本料金     50,000円~
*所見などのコメント項目は除く

ストレスチェック(実施方法:紙)
調査票      520円/人
基本料金     18,000円
*職業性ストレスチェック簡易調査(57問)
*新職業性ストレスチェック簡易調査(80問)

健康スコア診断サービス
WEB調査     200円/人
基本料金     45,000円
*専門家によるスコアリングレポート付

システム概要

主な機能
〇健康診断
・健康診断結果の閲覧
・過重労働調査票の起票・閲覧

〇ストレスチェック
・厚生労働省版。
職業性ストレス簡易調査票(57問)に準拠
・個人結果票はPDF形式でダウンロード(WEB版)

〇勤怠
・タイムカード代わりに出退時刻の管理ができます。
・CSVでデータを一括取込。他社システムとの併用も可能

〇保健指導、面談結果登録対
・面談記録を一元管理。複数の専門家やスタッフ間で情報共有が可能
・指導対象者検索も可能

〇アンケート機能
・生活習慣アンケート
・従業員満足度アンケート

〇チャット
・保健指導スタッフと従業員のコミュニケーションツール

LIFEDESKの特徴

スコアリング機能(健康リスクの見える化)*有償オプション

組織、従業員一人一人の健康リスクを100点満点で判定します。健康リスクは、総合判定以外に、こころ、からだ、せいかつの、3つのカテゴリに表示され、どのカテゴリに健康リスクが潜んでいるのかが一目でわかります。
健康スコアは労働生産性と関わりの強い健康項目をピックアップしているので、プレゼンティーイズムが可視化でき企業労働損失の軽減に役立てられます。例えば健康スコアが70点の場合は30点の労働生産性が落ちていると言い換えられます。

平均年収400万円・200人の会社の場合

HPMスコアが70点の場合労働損失額(予想)は2億4千万円(労働損失30%減)。1点改善で800万円の改善に繋がります。

▼組織分析結果表画面

▼個人分析結果表画面

▼個人結果一覧表画面

▼専門家によるアドバイス(レポート一部)

●専門家 今関仁智先生プロフィール (健康スコア診断サービスアドバイザー)
現職:
◇ S&P心理臨床オフィス:代表(主任心理カウンセラー・主任研究員)
◇ メンタルケア学術学会:委員・講師
◇ ストレスチェックプランナー協会:主任研究員・講師
◇ 奈良県立医科大学・MBT(医学を基礎としたまちづくり)研究所:所員

画面(機能

▼LIFEDESKトップ画面(従業員画面)
シンプルな画面だけに、直感的に操作しやすい

からだ、こころ、勤怠の3つのデータを一元管理

LIFEDESKでは年1回の法定健診結果・ストレスチェック結果を勤怠と合わせてデータ保管致します。今まで、それぞれが個々に保管されていたことで、産業医様・保健師様が従業員の状態を正確に把握することが難しい状況でしたが、一元管理することで、必要な情報を他データと連携して確認することができ、面談・指導業務に役立てることが可能です。また、人事・労務担当者様においては、データ保管業務や産業医様・保健師様との連携業務の手間を軽減致します。

レスポンスの良いチャット機能を実装

事業者様と契約されている産業医様・保健師様が、企業担当者様を介さずにリスクのある従業員とチャット上で直接やり取りすることで、タイミングよく声をかけるなどの対処が可能です。

▼チャット画面

生活習慣調査アンケート(画面)

▼生活習慣調査画面

従業員意識調査アンケート(画面)

▼従業員意識調査画面

従業員毎にデータで蓄積

健診結果・ストレスチェック結果・勤怠をデータ管理することで、従業員自身の経年データを社内のPCはもちろん、ご自宅のPCなどで確認することが可能です。経年で振り返ることで、改善と悪化の気づきが得られ、健康に対し意識を促します。

さまざまなビジネスパートナーとの連携で提供するオプショナルBPOサービス

保管されている紙の健康診断結果のデータ化。産業医・保健師の紹介業務。従業員や保健師向けの研修セミナー。健康づくりイベントの企画・実施・運営サポート等、様々なビジネスパートナーとの連携でBPOサービスをオプションとして順次ご用意し、各企業の取り組みを支援致します。

本サービスについてのご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問合せご相談はこちらから